CSR

コンプライアンス体制の概要

(1)コンプライアンス委員会の設置

コンプライアンスを推進、実行するため、代表取締役を委員長とし、【工事、営業、総務・経理】の各担当取締役を委員とする、コンプライアンス委員会を設置しております。
コンプライアンス委員会は、コンプライアンスに関する基本方針、就業規則のコンプライアンス規程の策定・決定、コンプライアンス体制の構築・維持・運用、実施状況のモニタリング、法令違反が疑われる行為等が発生した場合の対応と再発防止策の策定・決定などを行います。

(2)コンプライアンス担当責任者及び総括部署によるコンプライアンス体制の推進

コンプライアンス担当責任者として取締役1名を選任し、コンプライアンスの総括部署である総務部とともに、コンプライアンス体制の運用、改善及びコンプライアンスに関する指導、調査、社員研修などの啓発活動を行うとともに、適宜、コンプライアンス委員会、取締役会への報告、提案などを行います。
また、顧問弁護士など社外の専門家とも連携し、コンプライアンスに関する指導や調査などを行います。

(3)コンプライアンス・マニュアル等の規定の整備

当社は行動指針として「行動規範」を定めるほか、コンプライアンス・マニュアル等の社内規定の策定、整備を行っております。

(4)内部通報制度の設置・整備

コンプライアンスに関する問い合わせ、相談、通報など社員への窓口として、内部相談窓口制度を設置しております。
なお、通報は匿名でも受け付けるとともに、通報を理由として不利益な取扱いがなされることがないように通報者を保護します。

(5)社員への教育、啓発活動

行動指針、コンプライアンス・マニュアル等の周知徹底、コンプライアンス・アンケート等を実施して実践状況をモニタリングするとともに、定期的、継続的な研修会を実施し、社員のコンプライアンス意識の向上を図っております。
また、毎月1回、全社員出席による会議の席において、コンプライアンスが問題となる事例の紹介や指導などを行い、全社員による知識の共有、コンプライアンス意識の向上に努めます。

(6)グループ会社のコンプライアンス

当社が株式を保有するグループ会社についても、コンプライアンス・マニュアルなどを策定し、当社に準じたコンプライアンス体制を構築するとともに、当社の役員会において、グループ会社の役員から業務執行状況の報告を受け、グループ会社に対し、必要に応じて、業務執行状況の助言・指導【重要事項の審議、決定】を行っております。